[通常モード] [URL送信]

小説v2
深海少女〜中〜



昼も夜もわからない
この暗い部屋……


なのに眠れない夜は続く。
人魚のように綺麗に泳ぐ
貴方は、綺麗でした……



ルゥ「あっ!」



見とれていたら、目があってしまった。
気づいてこっちに振り返るあなたを
私は、逃げた……


喋りたかったのに、



メィ「私の……嘘つき。」



何でわざわざ自分が悲しむような事を
するの…?



メィ「うっ……ぅぅう"……。」




私の事を知ってもらう勇気がまだない…。







[*前へ][次へ#]

[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!