[携帯モード] [URL送信]

小説v2
カゲロウデイズ((下



何度も、あれからヒヨリを助けようとした…
けど助けれない。どうすればいいっ!?


あの日を繰り返して何十年も悩んだ。
でも、ヒヨリが助かる方法は気づいてた。


こんな絵本は、最後の結末は1つだけーーー。
あの日に行こう。





ヒビヤ「ヒヨリっ!」


ヒヨリ「ヒビヤっ!!?ダメッ!!」



ヒヨリを押しのけ飛び込んだら、すぐさまにトラックにぶち当たる。



ヒビヤ「あ"ぁ…。ゲホッ……。」



反対車線にカゲロウがいるな。



ヒビヤ「ざまぁみろよ」


ってカゲロウに笑ってやってやった。
その時、ヒヨリが覚悟を決めた顔になっていた。
何でだ…。
















8月日14日のベットの上。



ヒヨリ「ヒビヤ…。」




助けれなかった。次は、助けるから。
















[*前へ][次へ#]

[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!