[携帯モード] [URL送信]

小説v2
カゲロウデイズ((中


僕は、一体……
っ!?今は何時だ!?

時計は、8月14日の午前12時くらいを指す
やけに煩い蝉の声覚えている。












でも、不思議だな。
同じ公園で昨日みた夢を思い出す。
ヒヨリを死なせない…!


ヒビヤ「もう、今日は帰ろうか。」


ヒヨリ「もう?じゃあ、私のお家で遊びましょ!」



道に抜けた時、僕たちの周りの人は
皆上を見上げていた。
何かあるのか?
僕が上を向こうとするとヒヨリが駆け出した。


その後、鉄柱が落ちて来てヒヨリのお腹に突き刺さった。


女「きゃぁぁぁあああ!!」


ヒヨリ「ぅう"……ぐっ。」



一体何がどうなってるんだ。


何故ヒヨリは駆け出した?

何故止めなかった?

何故鉄柱が落ちて来た?

夢…なのか?


カゲロウ「夢じゃないぞ?」


反対車線にいたカゲロウがそう言ってるようにほほえんでいた。



眩む視界にヒヨリの横顔笑ってるような気がした。















[*前へ][次へ#]

[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!