[携帯モード] [URL送信]

テニプリ×黒バス
信じる

家に帰って、すぐにバスケットボールを持って公園へと出かけた。

バスケができる公園だ。


ボムっ・・・ボムっ・・・ボムっ・・・バンっ!!

ダンクを決める。



バスケは大好き。

この世にあるものの何よりも好き。

食べるコトよりも寝るコトよりも大好き。


キセキの世代・・・。

たぶん良い人たちだと思う。

というか、バスケが大好きな人達だと思う。


でも・・・


でも・・・俺は彼らを信じない。

バスケをする人を信じられない。



俺は、いつになったら人を心から信じられる?

[*前へ][次へ#]

6/7ページ

[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!