[携帯モード] [URL送信]

テニプリ×黒バス
1on1

女子「キャー!!神田くん、カッコイイ〜!!」

10対4で俺の勝ち。

ていうか“カワイイ”から“カッコイイ”になった。

何か嬉しい!!


青峰「オマエ・・・チビのくせにつえーな・・・。」

チビ・・・?

「身長は関係ないと思うけど・・・?」

そう言いながら思いっきり青峰を睨んだ。

確かに俺の身長は147cmだ。

確かに147cmだけど・・・!!

バスケと身長は関係ないでしょ!!


??「大輝が負け・・・。へぇ〜、やるね。明日7:00から朝練だから。」

7:00!?

早いな・・・。

起きれるかな?


ていうか、あれ言ってない!!

「俺、あと毎週金曜日は部活休むから。」

全「え?」


「金曜日は用事があるんだよね。まぁ、今日は帰るよ。じゃ。」

俺はそう言って学校を出た。

[*前へ][次へ#]

5/7ページ

[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!