[携帯モード] [URL送信]

テニプリ×黒バス
1on1

<主人公side>

黄瀬「じゃあ先に10本、入れた方が勝ちってコトでいいっスか?」

「どうぞ、ご自由に。」

俺はそう言いながら学ランを脱いだ。

何故か、たくさん人が集まってきてるんだけど・・・。


そして、女子の黄色い声が聞こえる・・・。

女子「キャ〜!!黄瀬くぅん!!」

女子「カッコイイ〜!!」


女子「神田くぅん!!カワイイ〜!!」

カ・ワ・イ・イ?

それは俺の身長のコトを言ってるのか?

あー・・・イライラしてきた。

ていうか、女に好かれても困るんだよね。

俺、女だし。

ため息が溢れる。


黄瀬「ボール、そっちからでいいっスよ。」

そう言ってボールを渡される。


「そっちからでいいよ。俺、勝てるし。」

そう言いながらボールを投げる。

これで負けたら、亮みたいに言うと“激ダサ”だな。


黄瀬「ふーん・・・。じゃあ、俺から行かせてもらうっスわ。」


そして始まった1on1。


結果は・・・

[*前へ][次へ#]

3/7ページ

[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!