[通常モード] [URL送信]

テニプリ×黒バス
金髪のヤツ

<主人公side>

「はじめまして。神田夜、よろしく。」

俺はわざと声を低くして言った。

女子「「きゃー!!カッコイイ!!」」

・・・!!

声でかっ!!

まぁ、こういうコト言われるのは慣れてるからいいんだけど・・・。



先生「・・・というコトで、神田は黄瀬の後ろだな。あの金髪のヤツだ。」

黄瀬・・・?

黄瀬って、たしか・・・。

黄瀬「俺、黄瀬涼太っス!!よろしく!!」

「知ってる。キセキの世代だろ?」

キセキの世代。

10年に1人の逸材と言われてる。

バスケをしてるヤツで知らない人はいないだろう。


黄瀬「俺のコト、知ってるってコトは・・・バスケ出来るんスか?」

「まぁな。後で勝負してよ。」


黄瀬「いいっスよ。まぁ、その身長じゃ勝てないと思うっスけど。」

・・・俺の身長じゃ勝てない?

確かに俺の身長は147cmと小さめだ。(女子の中でも)

確かに147cmしかないケド・・・

「負けるのはアンタだよ。」

俺はそう一言、言った。

[*前へ][次へ#]

2/7ページ

[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!